Google Chromeを無料ダウンロード!ダウンロード方法と他との違い

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

グーグルクローム

Google Chrome(グーグルクローム)とは、Googleが提供しているWebブラウザです。

Windowsパソコンを購入した場合は、IE(インターネットエクスプローラー)Mac OSを購入した場合は、Safari(サファリ)というブラウザが入っています。

ちなみにWindows 10ではEdge(エッジ)という最新のブラウザーが入っています。

こういったブラウザを利用してインターネット上のウェブページを表示し、閲覧することが可能です。

では、IEやSafariのほかにChromeをダウンロードするメリットは何でしょうか?

ダウンロード方法とともに他ブラウザとの違いを紹介します!

Google Chromeのダウンロードはこちらから!
https://www.google.co.jp/chrome/browser/desktop/

まずはGoogle Chromeを1分で無料でダウンロード!

クロームダウンロード

Chromeのダウンロード方法はカンタンです。

1)Google Chromeのダウンロードサイトを開く
2)「Chromeをダウンロード」ボタンを押す
3)利用規約に「同意してインストール」ボタンを押す
4)ダウンロードされた.exeファイルをダブルクリックし、実行
5)自動ダウンロード&自動インストール
6)完了(Chromeウィンドウが開きます)

以上でダウンロード&インストールが完了、無料でスグに使うことが出来ます

ちなみに、ダウンロードサイトへアクセスすると「chromeをダウンロード」ボタンがありますが、ここからダウンロードできるのは「Windows 版(10/8.1/8/7 64-bit)」になります。

・スマートフォンまたはタブレット版(iOSやAndroid)
・別のデスクトップ OS 版(別のWindows版やMacOSなど)

のクロームをダウンロードしたい場合は「別のプラットフォーム向けの Chrome をダウンロード」をクリックすれば該当のクロームをダウンロード出来ます。

Google Chromeのダウンロードはこちらから!
https://www.google.co.jp/chrome/browser/desktop/

Google Chromeを使うメリットとは?

私もメインのブラウザにGoogle Chromeを利用していますが、実際に使っていてのメリットを挙げたいと思います。

1)グーグルアカウントやユーザーごとに、ブラウザ設定が出来る

グーグルアカウントごとに、ブラウザ設定が出来る

グーグルのアカウントを持っている一般の人であれば、アカウントは1つという人が多いかと思いますが、仕事などで利用している場合

・仕事のグーグルアカウント1
・仕事のグーグルアカウント2
・自分のグーグルアカウント3

といったように、グーグルアカウントを複数活用している人もいるかと思います。

そういった場合に、クロームのブラウザを複数立ち上げればアカウント(ユーザー)ごとにブラウザを開くことが出来て、そのブラウザを専用アカウントとして使うことが出来ます。

ユーザーを変更ごとにブラウザのログアウトをしなくてもそれぞれで作業が出来るので便利です。

2)シークレットモードが使える

シークレットモード

クロームで便利な機能として利用しているのがこの「シークレットモード」です。

基本的に、ブラウザごとに検索履歴やCookie(クッキー)などが保存され後から履歴で検索したりできますが、シークレットモードで閲覧すればそういった履歴を残さずに利用することができます。

例えば、履歴を残したくない時や、検索結果などをクッキーで左右されないようにしたい時などに役立ちます。

※クッキーとは、分かりやすく言うとあなたが検索した情報などを覚え、あなたに最適な結果(広告など)を表示するシステムです。Cookie(クッキー)をオフにしておくことも可能です。

3)クラッシュしにくく、快適に使える

クラッシュしにくい

クラッシュとは、ブラウザでWebサイトを開いている際に急にエラーがー出てブラウザが強制終了してしまうことです。

特に、ファイヤーフォックス(Mozilla Firefox)のブラウザを使っている時に多く出る症状でとてもストレスです。

クロームの前はFirefoxをメインに使っていましたが、クラッシュが続くので残念ながら現在は利用していません。

クロームに変えてからはクラッシュすることなくサクサク快適に利用しています。

4)他のデバイスや、他のパソコンでもブラウザ内容が共有できる

デバイス間の共有

クロームの最大の利点はこの、他のデバイス間でブラウザ履歴を共有できるということではないでしょうか?

Google Chromeにログインすれば、ノートパソコンやスマートフォンでもブラウザ内容を共有して使うことが出来ます。

特に、パスワードをクロームで覚えておく設定にしている際、そのクロームにログインすれば別のデバイスでもパスワード入力をせずに利用することが出来ます。

アカウントのセキュリティ設定も可能なので、グーグルアカウントを作る際にしっかりセキュリティをしておけば安心です。

5)無料の拡張機能でより便利にブラウザを利用できる!

拡張機能

Firefoxにも無料のアドオンという拡張機能を追加することができますが、Chromeにも多くの拡張機能が存在します。

例えば、ブラウザで開いたWebサイトのスクリーンショットが取れるFireShotや、検索結果にそのWEBサイトのイメージを表示させるSearchPreviewといった機能も追加することが出来ます。

このように好きな拡張機能を追加して、自分が便利に使えるブラウザをカスタマイズすることが可能です。

などなど、クロームを使うメリットは沢山あります。

シンプルで、直感的に使える(分かりやすい)というのも選ぶ理由かと思います。

Google Chromeのデメリットとは?

クロームデメリット

使っていての感想で、特にデメリットを感じることはありません。

(グーグル先生の回し者ではないはずw)

デメリットを挙げるとすれば、Windows XP と Windows Vistaでのサポートが終了しているということでしょうか。

クロームをダウンロードできるのは、

Windows の場合、
・Windows 7、Windows 8、Windows 8.1、Windows 10 以降
・Intel Pentium 4 以降のプロセッサ(SSE2 対応)

Macの場合、
・OS X Mavericks 10.9 以降

Linuxの場合、
・64 ビット Ubuntu 14.04 以降、Debian 8 以降、openSUSE 13.3 以降、Fedora Linux 24 以降のいずれか
・Intel Pentium 4 以降のプロセッサ(SSE2 対応)

といった条件があります。

この条件に合わない場合は、Google Chromeのダウンロードが出来ず使えませんので他のブラウザを利用することになります。

IE(インターネットエクスプローラー)との違いは?

IEとの違い

IE(Internet Explorer)は、

・重い&何かと更新がある
・デフォルト検索がBing(ビング)
・下に表示される案内がウザイ(…)
・有名な故にセキュリティー面が不安

というイメージがあります。

マイクロソフト社が開発、提供しているブラウザでBingを使った独自の検索結果がグーグルやYahoo!の検索結果を閲覧することの多い私からしたら違和感がとてもあります。

また、ハッカーなどから攻撃対象となりやすいブラウザなのでトラブルが多く、常に最新版のダウンロードは必須です。

それに比べクロームの場合は、ブラウザを開いた時に自動でアップデートされるため自分で最新版に更新する必要がなくストレスがありません。

現在のバージョン(IE11)であれば、あまり重くなく快適に使えますが、拡張機能なども少ないのでメインブラウザではなくサブブラウザとしての利用が良いかもしれません。

Firefox(ファイヤーフォックス)との違いは?

ファイヤーフォックスとの違い

FirefoxはMozilla Foundation(モジラ・ファウンデーション)が開発する無料のブラウザです。

私もIEの次は、Firefoxが好きでメインで利用していました。

・アドオンという無料の拡張機能がとにかく豊富
・ブラウザ表示のカスタマイズが簡単に出来る
・クラッシュ後に復元が出来るのが便利

現在は、アドオンが多いと重い・とにかくクラッシュしやすいというイメージがありクロームをメインとしてからはあまり使わなくなりました。

クラッシュ後に、クラッシュ前の状態に近く復元ができますがクラッシュ⇒復元⇒クラッシュ⇒復元⇒クラッシュ⇒復元…と3回繰り返した時点で使うのを止めました(涙)

ブラウザのカスタマイズは結構好きでした。

最新ブラウザーMicrosoft Edge(マイクロソフトエッジ)との違いは?

エッヂとの違い

Microsoft社が出した最新ブラウザーEdge(エッジ)は、Windows 10より標準ブラうザーとして搭載されています。

IE(Internet Explorer)と比べ早くて安全性も高くなっています。

Windows 10が使えるタブレットやモバイル端末とブラウザ共有ができたり、Webノートという機能で直接Webページに手書きメモを残せたりという機能があります。

ですが残念ながら現状までの評判は「使えない・使いにくい」との声が多数挙がっています。

・ツールやオプションの設定がほとんどない。
・右メニューの項目が極端に少ない。
・戻る・進むボタンでひとつずつしか移動できない。
・タブで開いた際の挙動が少ない(連続で閉じれない、移動できない等)

などなど。挙げるともっとありますが、「今まで他のブラウザで出来ていたことが出来なくなっている」というのが不便に感じる理由だと思います。

その点Chrome(クローム)なら不便に思うことなく利用することが可能です。

Microsoft Edgeを使うならもう少し様子を見たほうが良いかもしれません。

まとめ

ブラウザはインターネットを利用する上でとても重要な役割をしています。

動作が重いとストレスですし、クラッシュばかりであれば嫌になってしまいますよね。

ですが、あなたのパソコン環境によっては使いやすいブラウザ、使いにくいブラウザがあると思います。

私は今の所Google Chromeをメインで使っていますが、IEやEdge、Firefoxなど色んなブラウザを試してみて自分が使いやすいブラウザを利用するのが一番だと思います。

あなたに最適なブラウザが見つかりますように!

ウイルス対策大丈夫?セキュリティソフト選びに困ったら!>>30日間無料のESET⇒

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る