JAF会員をおトクに活用!年会費・割引き・優待まとめ

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

JAF

JAFは会員数1,883万人と自動車に乗る多くの人が利用しているロードサービスです。

「免許を取って直ぐに入った」
「バッテリーが上がった時に加入した」

加入タイミングは人それぞれですが、JAF会員であればあらゆるシーンで優待サービスを受けられるのはご存知ですか?

JAF会員になるには「入会金」と「年会費」が必要ですが、それを簡単に上回る優待割引きを利用しておトクに活用しちゃいましょう!

【JAFまとめ1】ロードサービスの内容は?

JAFのロードサービスって?

(画像:http://www.jaf.or.jp/merit/index.htmより)

ロードサービスの利用で多いのが、

・バッテリー上がり(通常12,880円)
・パンク交換(通常13,080円)
・インキーの閉じ込み(通常14,940円)
・高速道路上での燃料切れ(通常16,460円)

といったトラブルですが、JAF会員なら上記は全て無料!0円です。

通常、自動車保険に加入するとロードサービスが付帯することがほとんどですがサービス内容は保険会社によって様々で、年に1回までといった回数制限などもあります。

ですがJAFのロードサービスなら回数制限なく利用でき、さらに保険のように車に対してではなく人に対してかけているので友人の車、会社の車、レンタカーといった保険契約車以外の車もサービス対象内となります。

24時間、年中無休、日本全国どこでも対応OK!というのも選ばれている理由です。

【JAFまとめ2】優待サービスって何?

JAFの優待サービスって?

(画像:http://www.jaf.or.jp/merit/index.htmより)

JAF会員になると、プラスチックの会員証をもらえます

この会員証を提示することで、さまざまなお店で優待割引サービスを受けることが出来ます!

例えば、

・ロイヤルホスト(レストラン)での飲食・・・5%割引
・牛角(焼肉屋さん)での飲食・・・3000円以上で500円引き
・ドミノピザ(宅配利用時)・・・全品15%割引
・すき家(牛丼屋さん)・・・30円引き
・イオンシネマ(映画館)・・・1800円が1300円
・カラオケ館・・・ルーム料金(飲食除く)が30%割引

などなど、他にも温泉や入浴施設で5名まで200円引きといった優待も受けられます。

優待サービスの詳細はJAFナビから施設を検索できますので、「あれ、いつも利用してたお店が優待してる・・・」といった発見もあるかもしれません!

早速確認をしてみてくださいね。
JAFナビで優待をチェックする!http://jafnavi.jp/

またカードを持ち歩くのが面倒な人必見!スマホをお持ちならカードの会員証を持たなくても専用のアプリでデジタル会員証を提示することが出来ます。

これで財布をごそごそしなくてもスマートに提示が可能です♪

さらに、割引優待だけではなく「名産品などのプレゼント」や「JAFならではのイベントに参加」といったサービスも受けられます。

家族で楽しめるイベントも盛りだくさんなので、休日にどこへ出かけようか迷っているお子様の居るご家庭から喜びの声が挙がっています。

JAFのデジタル会員証の詳細・ダウンロードはこちら
http://www.jaf.or.jp/proceed/member/certificate/

【JAFまとめ3】入会金&年会費は?割引はある?

JAFの入会金って?

(画像:http://www.jaf.or.jp/merit/index.htmより)

ロードサービスと優待サービスが受けられるJAF会員。では一体いくらかかるのでしょうか?

お支払い方法は、

・クレジットカード
・コンビニエンス払い

の2種類から選べ、通常年会費は「1年間:2000円」+「入会金:4000円」=初回6000円が必要となります。

月で換算すると、初年度は1ヵ月500円となります。

翌年更新する場合は入会金が不要となりますので4000円=1ヵ月約333円でJAFのサービスを受けることが可能です。

どうしようか迷ったあなた必見!実は契約方法を5パターンから選ぶことが出来、割引サービスもありますので安心してください。

お支払い方法によって入会金が割引になりますので、まだ入会していない人は入会時に参考にしてみてください。

早速JAFに入会するならこちら!
http://www.jaf.or.jp/proceed/join/kojin/

1)クレジットカードがあるなら、「1年分+自動振替」

この方法が一番選ばれている方法です。
1年ごとに自動更新でクレジットカードを登録することで

・入会金2000円⇒1500円
・年会費4000円

となり、合計5500円なので500円お得に入会できます。

2)コンビニ払いで「1年分」を選んだら?

この方法は通常の価格となります。

・入会金2000円
・年会費4000円

6000円の支払いが必要です。

3)「2年分」を一括払いするなら

お支払い方法は、クレジットカード・コンビニどちらでもOKです。

・入会金2000円⇒1500円
・年会費8000円(2年分)

合計9500円ですが、500円お得に入会ができます。

4)「3年分」を一括払いするなら

お支払い方法は、クレジットカード・コンビニどちらでもOKです。

・入会金2000円⇒1000円
・年会費12000円(3年分)

合計13000円になりますが、1000円お得に入会ができます。

5)「5年分」を一括払いするなら

お支払い方法は、クレジットカード・コンビニどちらでもOKです。

・入会金2000円⇒無料!0円
・年会費20000円(5年分)

合計20000円になりますが、2000円お得に入会ができます。

以上の5パターンから入会方法が選べますが5年分払って2000円割引きするより、1年分ずつを自動更新で500円割引きのほうが最初に掛かる費用も少なく済む為こちらが一番選ばれています。

家族会員はどうなるの?

自分以外の家族も会員になりたい!そんな時は家族会員として入会しましょう。

・入会金0円
・年会費2000円(半額)

で家族の人もJAF会員になれます。

内容は個人会員と変わらないため、それぞれ個人会員で入会するよりも断然お得です。

【至急】JAFを呼びたい場合は?

JAFを呼びたい場合は?

JAFの電話番号は下記の通りです。

0570-00-8139
固定電話は1分10円、携帯電話は20秒10円。

または短縮ダイヤル
#8139

全国共通・年中無休・24時間対応
お近くのJAFコールセンターへつながります。

連絡時には、

1)故障車の位置(発見しやすいように目立つ建物や地名住所など)
2)故障車の車名、登録番号(車両番号)、車体の色
3)故障車の状況(どうなっていて、どうして欲しいのか)
4)JAF会員証の有無、会員番号

を伝える必要があります。
会員カードが無くても、スマホの人ならデジタル会員証の提示も可能です。

その他にも

・GPS付き携帯電話から救護要請
・メールで救護要請
・FAXで救護要請

が可能です。詳しくはこちら
http://www.jaf.or.jp/rservice/call/howtocall.htm

【注意】JAFはその場で入会可能?

JAFはその場で入会可能?

実際にトラブルに合ってしまった場合、非会員の人でもJAFのロードサービスを呼ぶことが可能です。

ですが、非会員の場合注意点があります。

1)その場での入会もできるが、会員価格で利用できるのは翌日以降
2)非会員での金額の支払いが必要(入会するなら入会金&年会費も)

となり、その場で入会するメリットはほとんどありません

昔は「その場で入会して、会員価格で対応してもらった」ということが可能な時期もありましたが、現在のJAFのロードサービスは「前もって会員になっておく」というのが前提のサービスとなります。

ですので非会員の場合は、

・任意の保険に付帯しているロードサービスを利用する
・クレジットカードに付帯しているロードサービスを利用する
・前もってJAF会員になっておく

というのがトラブル時に安く済ませる方法です。

JAF会員の場合と非会員の場合でどれくらい金額が変わるのか?といった計算ができるページをJAFが用意していますので気になった方はぜひご活用ください。

ロードサービス料金の計算はこちら
http://www.jaf.or.jp/rservice/price/index.htm

すでにJAF会員の人はマイページへログイン!

住所変更や各種変更をする場合はJAFのサイトからマイページへログインしましょう!

サイトの右上にボタンがあるので、カンタン便利に利用できます。

マイページのログインはこちら
http://www.jaf.or.jp/

まとめ

年に1度、起るか起こらないか分からない車の故障やトラブルですがJAF会員になっておくだけでほとんどのトラブルを無料で対応してくれます。

私が経験した車のトラブルは、

・高速道路でのパンク(2回)
・空港の駐車場でのバッテリー上がり

といったものでした。

いずれもJAFを呼びましたが会員だったために全て無料で対応してもらえました。

非会員の場合、高速度道路でのパンク(昼間)は約2万円。バッテリー上がりは約1万2千円とかなり痛い出費となります。

このように、1回対応してもらえば年会費の元が取れるというのは大きいものがあります。

また、1回もトラブルが起らなかった!という場合は、優待割引きを積極的に活用すれば年会費の元を取ることが出来ます。

JAF優待施設検索アプリもありますので、ぜひ活用してみてくださいね。

アプリの詳細はこちら
http://www.jaf.or.jp/jafnavi/app/otoku-navi/index.php

愛車を乗り換える予定があるなら⇒完全無料の高額査定

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る