楽天TVの解約方法、料金、無料トライアル、テレビで観るには【まとめ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

楽天TV

楽天TVは、2017年7月まで楽天ショウタイム(楽天SHOWTIME)という名前で運営されていましたが新しく「Rakuten TV」と名称が変更になりました。

名称の通り、楽天株式会社が運営する動画配信サービスで、

・基本料金無料
・レンタル利用
・購入利用
・無料作品あり

とhulu(フールー)やNetflix(ネットフリックス)などの月額料金を支払い利用する動画配信サービスとは異なり、見たい作品のみ鑑賞するタイプのサービスとなります。

2018年からは、NBAの独占配信権を獲得し2018-2019シーズンの配信を唯一見れる動画サービスとなりました。NBA視聴に関しては、月額プランと年額プランが用意されています。

ここでは、楽天TVの料金システムや無料トライアル、解約方法やテレビで観る方法など全て紹介します!

早速、Rakuten TVを見るならこちら!
https://tv.rakuten.co.jp/static/guidance/

楽天テレビの利用方法、料金プランとは?

楽天TVの利用料金

Rakuten TVは、

1)無料登録をする
2)好きなコンテンツを買ってみる

2ステップで利用できるデジタル動画配信サービスです。

楽天会員であれば、IDとパスワードでログインし「登録する」ボタンを押すだけで楽天TVの無料登録が完了します。

基本料金は無料のため、有料作品をレンタルまたは購入しない限り料金が発生しません。

TUTAYAやGEOなどレンタル店と同様のサービスがネット上で受けられる(DVDやBlu-rayの返却不要)と思っていると安心です。

店舗型との違いは、

・返却なし
・延滞料金なし
・貸し出し中もなし
・パソコン、スマホ、テレビでも観れる

と、DVDなどを借りたり返したりする手間が無く、見たい作品を見たいときにいつでも手軽に見れることです。

利用料金は?

利用料金は

楽天TVの利用料金は下記の通りです。

料金表 洋画・邦画 アニメ・ドラマ
舞台など
アダルト
新作 旧作
レンタル 432円~ 324円~ 108円~ 324円~
購入 2,160円~ 1,080円~ 540円~ 540円~
無料作品 ちょっと見 ちょっと見 あり(0円) あり(0円)

レンタル作品に関してはレンタル期間があり、購入してから30日以内に視聴を開始し、開始から2日以内に視聴終了となります。

一見、TUTAYAレンタルよりも高く感じますが(新作・準新作が5本で1000円などもあるため)返す手間や今すぐ観れることを考えると問題なく感じます。

また、楽天TVでも楽天スーパーポイントが貯まったりポイント10倍キャンペーンやクーポン配信なども行っているため、よりお得に利用することが可能です。

そして、ドラマ・シリーズものはパック購入をすることでさらにお得に利用することが出来ます。

例えば、10話完結のある人気ドラマを購入した場合
1話ごとに購入
1話324円 × 10回購入 = 3,240円
パックで購入
10話分 × 1回購入 = 1,620円
※割引率は作品により異なります。

以上が基本的な料金システムとなります。

楽天TVをはじめるならこちら
https://tv.rakuten.co.jp/

楽天TVでNBA放送を見るには?

NBAを楽天TVで観るなら

NBAは今までWOWOWやNHK(BS)などで見ることができましたが、2018-2019シーズンからは

Rakuten TV(Rakuten NBA Special)
・NBAリーグパス(NBA League Pass)

どちらかと契約しないと見れなくなりました。

これは楽天がNBAの独占配信権を獲得したためです。楽天はNBAの世界的人気チーム、ゴールデンステート・ウォリアーズのスポンサーになったことでも話題になりました。

楽天TVでNBAを観るには、Rakuten NBA Specialという定額見放題のプランを契約する必要があります。

Rakuten NBA Specialの利用料金は?

料金プラン

Rakuten NBA Specialでは、新規加入の人限定で「31日間無料トライアル」にて観戦が可能です。

例えば、

・11/5 15時00分00秒購入 → 12/6 23時59分59秒まで無料
・11/30 12時00分00秒購入 → 12/31 23時59分59秒まで無料

となります。

その後は、

・定額見放題:月額プラン972円
・定額見放題:年額プラン7,560円(年間4,104円おトクに!)

のどちらかのプランにて、毎月(毎年)課金発生した同日に自動で課金されていきます。

申し込みの最初に、月額プランまたは年額プランを選択して申し込みとなるため購入申し込み後に解約しない限り自動継続で課金されるため注意が必要です。

楽天TVでNBAを視聴するならこちら!
https://tv.rakuten.co.jp/nba/

NBAリーグパスとの違いは?

NBAリーグパス

NBAリーグパスで契約すると、NBAの全試合を好きな時に視聴することができます。

Rakuten NBA Specialでは、シーズン中は毎日1~2試合をLIVEと見逃し(VOD)で配信されるので日程表をチェックしておく必要があります。

WOWOWで放送されている時は、配信時に録画をしておくことができましたが、楽天TVの場合は録画機能はありません。

ですが、見逃し配信のある試合の場合はダウンロードにて視聴することが可能です。

NBAの全ての試合を好きなだけ観たい人は、「NBAリーグパス」での契約がオススメですが下記が注意点となります。

NBAリーグパスの注意点

パソコン

1)月額と年額により購入先が異なる(値段も高い)
2)試合の解説が全て英語(Rakuten NBA Specialは日本語解説あり)
3)決済方法が異なる
4)対応デバイスが異なる

こちら、それぞれ解説をしていきたいと思います。

1)月額と年額により購入先が異なる

今までNBAリーグパスを購入する際は、全てのプランをNBA.com(公式)から購入をしていましたが楽天が配信権を獲得してから変更が入りました。

月額のシーズンパスのみ:楽天TVで購入
・年額のシーズンパス、チームチョイス、ゲームチョイス:NBA.comで購入

それぞれの価格は下記の通りです。

~シーズンパス(LEAGUE PASS)~

・月額購入(全チーム、全ゲーム):2400円(税込)/月
・年額購入(全チーム、全ゲーム):22000円(税込)/年

~チームチョイス(TEAM CHOICE)~

・月額購入(1チーム):1300円(税込)/月
・年額購入(1チーム):14000円(税込)/年

~ゲームチョイス(GAME CHOICE)~

・月額購入(月に8試合):940円(税込)/月
・年額購入(月に8試合):9400円(税込)/年

なぜか月額のリーグパスのみは楽天TVでの決済となるため注意が必要です。

NBAリーグパスを購入するならこちら
https://watch.nba.com/packages

2)試合の解説が全て英語

1200以上のゲームが好きなだけ見ることが出来るNBA LEAGUE PASSですが、解説は全て現地のコメンテーターによる英語解説です。

Rakuten NBA Specialの場合は、WOWOWのときのように佐々木クリスさんの解説など日本語での解説にて観戦することができます。

英語が分からない人にとっては解説が何を言っているのかさっぱり!となります。

ですが、現地(ホームチーム)の解説となるので熱は凄く伝わってきますし、雰囲気で何となく理解することもできます。

私はどちらも体験済みですが、日本語があると安心…でも全試合観たい!=結局NBAリーグパスで観戦という結論に達しました。

これは本当に好みが分かれるかと思います。

3)決済方法が異なる

こちら、楽天TV経由での支払いの場合は下記の決済方法が可能です。

・クレジットカード決済
・キャリア決済(ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い)

ですので、NBAリーグパスの月額払いもキャリア決済に対応しています。

NBA.com経由で支払う契約は「クレジットカードのみ」となりますので注意してください。

4)対応デバイスが異なる

Rakuten NBA Specialの場合は、下記のデバイスで視聴が可能です。

・PC(Windows/Mac)
・iOS(iPhoneなど)
・Android(スマホ)
・Chromecast(クロームキャスト)
・VIERA(ソニーテレビ/2013年以降発売モデル)
・BRAVIA(パナソニックテレビ/2014年以降発売モデル)
・PlayStationR4(ゲーム機)
・Apple TV(アップル ティーヴィー)

NBA League Passの場合は、下記デバイスになります。

・PC(Windows/Mac)
・iOS(iPhoneなど)
・Android(スマホ)
・Chromecast(クロームキャスト)

やっぱりRakuten NBA Specialを購入するならこちら
https://tv.rakuten.co.jp/nba/

31日間の「視聴無料」中に解約する方法は?

解約する方法

楽天TVは登録するだけなら無料ですが、

・定額見放題(Rakuten NBA Specialなど)
・プレミアム見放題

の見放題サービスに登録すると毎月定額料金が自動で課金されていくため自分で解約手続きをする必要があります。

こちらはどちらも初めて登録する場合は「31日間無料」で視聴トライアルができるため、無料期間中の解約をすればタダで見ることができます。

< 定額見放題の解約手順 >

1)Rakuten TV のウェブサイト上でログイン
2)購入履歴より、対象コンテンツを選択
3)「定額見放題」のタイトル下の「解約する」ボタンをクリック
4)確認画面より、「解約する」ボタンをクリック
5)「解約されました。」と表示されたら解約完了

以上で解約手続きが完了です。

無料期間中に手続きを完了すると費用は掛からずにタダで解約することができます。

注意点としては、

・無料トライアル期間中の解約は、即時解約となり直ぐに見れなくなります。
・トライアル期間を過ぎた場合に直ぐ解約しても、日割り計算はありません。

解約を忘れた場合は、返金など無くその月の視聴料は必ず支払うことになりますのでタダで解約したい人は期間を忘れずに解約する必要があります。

「定額見放題」の解約方法の詳細はこちら
https://tv.faq.rakuten.ne.jp/app/answers/detail/a_id/22894

楽天TV をテレビで視聴するには?

テレビで観るには

Rakuten TVをテレビ画面で視聴する為には下記の方法があります。

1)アプリが使用できるテレビで視聴

・ソニー ブラビア(2013年発売以降モデル)
・パナソニック ビエラ(2014年以降発売モデル)

テレビ内のアプリから「Rakuten TV」を選択。

2)Android TVで視聴

・ソニー ブラビア/Android TV 機能搭載モデル(2015年以降発売モデル)
・シャープ AQUOS/Android TV 機能搭載モデル

Google Play ストアから「Rakuten TV」アプリをインストールして視聴。
※ブラビアは、ホーム画面のアイコンからインストール可能。

3)Apple TVで視聴

「App Store」より「Rakuten TV」アプリをダウンロードして視聴。

4)Chromecastで視聴

テレビのHDMIにクロームキャストを差し込み、パソコンやスマホの映像をテレビで受信して視聴。(同一のWi-Fi環境に接続する必要あり)

5)PlayStationR4で視聴

ゲームを起動し、PS4のホーム画面より「Rakuten TV」アプリをダウンロードして視聴。

6)HDMI接続で視聴

・ iOS
・Android
・パソコン

いずれかをHDMIでテレビと接続して、テレビ画面に動画を写し視聴。

7)セットトップボックスで視聴

・Nexus Player(ネクサス プレーヤー)
・PIXELA(ピクセラ)

を利用して視聴することができます。

多彩な方法で視聴ができるので、「スグ始めたい!」と言う人も安心です。

テレビで視聴するには?の詳細はこちら
https://tv.faq.rakuten.ne.jp/app/answers/detail/a_id/22975

まとめ

楽天TVは基本的に、定額制の動画配信サービスではなく無料で登録ができます。

・レンタル
・購入
・無料動画

があり、有料コンテンツを利用しない限り料金が発生することはありません。

ですが通常の利用とは別に、

・定額見放題
・プレミアム見放題

といった定額制のサービスも用意しています。

その中でも、NBAの配信動画が見れるのはこの楽天TVのみとなっています。(NBAリーグパスのほかに)

初回登録より31日間は無料で見ることができ、無料登録期間中でも解約が簡単にできるためタダで配信映像を見ることも可能です。

有料コンテンツの利用では、楽天スーパーポイントが貯まるので貯まったポイントで支払いすることもできます。

どんなものなのか?まずはチェックをしてみてください!

Rakuten TVを見るならこちら!
https://tv.rakuten.co.jp/static/guidance/

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る